洗顔の基礎知識


『不足を補い、余分なものは与えない」これがスキンケアの鉄則です!

荒れた肌がほしがっているのは油分ではなく水分なのです。

皮膚の表面の角質層は一定の水分を保つことができます。

この水分が20パーセントくらいあると肌はなめらか。

不足すると細胞は乾いてまくれ上っています。

これが肌荒れやカサつきの原因です。放っておくと小じわから大じわへ。

つまり潤いをなくした肌に不足しているのは‘油分‘ではなくて‘水分‘なのです。

水分を補給するには油分を含んだ乳液やクリームよりも化粧水が一番適しています。

たっぷりの水分でまず水分補給をしましょう。

クリームはあくまで不足分を補うためのものです。

皮膚の表面に過剰な油分があるとそれは汚れとして毛穴に残り、にきびの原因になります。

また油は空気に触れると酸化して、肌に刺激を与える物質になります。乾燥しやすい部分だけに塗りましょう。


▼カテゴリ

肌トラブル!美肌革命